職員紹介Staff

総合福祉ホーム芙蓉園 総合福祉ホーム芙蓉園

入職のきっかけ

施設内、職員さんの雰囲気が良かった

東京都の就学資金を借りながら介護の専門学校に通学していました。

最終の介護実習が芙蓉園で、施設内の雰囲気、職員さんの雰囲気が良く、芙蓉園に入職しました。

同じ学校からの先輩・後輩も多く在籍していて、とても働きやすいと感じています。

働きやすさについて

妊娠してからは勤務の配慮や、シフトの配慮も

妊娠してからは勤務の配慮や、シフトの配慮もしてもらい助かっています。

主婦の先輩ママや、子供がいる先輩からは、ちょっと走ったりするだけで怒られたり(笑)。

フロアでも食事介助や、記録や、体に負担が無い仕事をさせてもらい、風邪が流行っているときは上司から配慮いただき、総務のデスクでお仕事をさせてもらっています。

また、芙蓉園の良いところとしては、普段から何でも相談しやすい人間関係があるところだと思います。

副園長も、主任も、相談したいときはすぐ時間を作ってくれます。

総合福祉ホーム芙蓉園

現在のお仕事の「やりがい」は何ですか?

「なぜそれが必要なのか」を考えることを学んだ

介護フロアで勤務しながら、自分に合ったスキルアップをさせてもらったと感じています。

新人の頃のチューター指導では、自分と同じ学校の卒業生で年数が近い方をチューターにしていただき、普段の悩みも相談できる関係でした。なかなか上司には言えない相談もチューターなら相談できますし、プライベートでも仲良くなって飲みに行ったりもしています。

芙蓉園ではチームケアの仕組みが整っていて、フロアでもチーム制を取っていますが、新人教育も担当チューターが付くだけでなく、フロア全体でフォローする風土があります。

チューターがいない時もチームの先輩に「自分で考える」姿勢を支援してもらいました。

ただやり方を教えるだけでなく、まず聞く姿勢、共感して、間違っていたら指摘してくれる先輩。そして「なぜそれが必要なのか」を考えることを学んだと思います。

総合福祉ホーム芙蓉園

大事にしていること

利用者本位で接すること

利用者本位で接することを大事にしています。

ケアの仕事の中では職員の願望が入りがちですが、本当に利用者様が望むことを実現するためには、これまでの生活歴を理解するために利用者様に長く関わってきたスタッフから話を聞いたり、利用者様ご本人がどう思っておられるかをじっくりと聞くことが大切だと思います。

例えば、外に出たい、コンビニに行きたい、ご家族との関係性を修復したい、など色々な願いがあります。

そんな風に関わり、利用者様から「熱いケアをありがとう」とお言葉をいただいたり、ご家族から「あなたにお願いしたい」と指名されたりすると嬉しいですね。

求職者へのメッセージ総合福祉ホーム芙蓉園

スタッフみんなが優しく、出産、子育てといったライフイベントも、しっかりとサポートしてもらえます。ぜひ、来てくださいね!

職員ブログ

地域活性イベント 南カフェ♪

2019.10.03

地域活性イベント 南カフェ♪

つるま屋 志村さん  ヘルパーステーション芙蓉園 小林さん 芙蓉園で…

芙蓉園ブログ

「ご近所ミーティング」を開催しました。                                                     (南第1高齢者支援センター)

2019.10.08

「ご近所ミーティング」を開催しました。 (南第1高齢者支援センター)

9月27日、ご近所ミーティング拡大版『救急時のそなえとは?』を開催しま…

総合福祉ホーム芙蓉園Facebook
総合福祉ホーム芙蓉園twitter
社会福祉法人芙蓉会YouTube
総合福祉ホーム芙蓉園Instagram
総合福祉ホーム芙蓉園